スポンサーリンク

レジ袋有料化前のもやもや

パンダ

レジ袋が有料になってから数ヶ月。わたしの勤務先でも、プラスチック製の手提げ袋をはじめとして、ギフト用のプラスチック製の袋や紙製の手提げ袋も有料になった。

便乗値上げだとも思うけれど、いままで無料で渡していた分は経費がかかっていて、結局はそれが商品代に含まれるわけだから、必要な人だけが買うのは悪いことではない気がする。

それでも最初は私自身、戸惑いがあった。例えばポーチなどなら袋なしで自分のかばんに入れても気にならないけど、ハンカチがそのままなのはなにか不衛生な気がした。でも、ハンカチなんて必ず家で洗ってから使うわけだし、慣れてしまえばなんてことない。

ただ、毎回毎回、袋は有料だけれどどうするかということをお客様に聞かなければいけないのは面倒。それでも、以前感じていた大きなストレスは減った。

私がずっと気になっていたのは、持ち帰りの袋とは別に、渡す時用の袋をサービスで付ける店の慣習と、それをほぼ断らないお客様の意識。

以前はそんなサービスはなかった気がするけれど、いつの間にか贈り物を買うと、予備の袋を付けるお店が多くなった。もちろん、荷物が多かったり家からの距離が長かったりで、紙袋などがしわになるかもしれない場合に、もう1枚ほしいという気持ちはわからないでもない。

でも、小さめのギフトの際に入れるプラスチック製の手提げ袋の場合でも、渡す時用の袋を付けるか聞くと、ほとんどの人がはい、と答える。

そのことがずっと不思議だった。みんなそんなに袋をもらってどうするんだろう、と。

紙袋は古紙でも入れて、ゴミの日に出すのだろうか? それとも、何かを入れるのに使うのか。タンスの肥やしになるのか。

ビニールの手提げ袋もそう。スーパーのレジ袋なら、ゴミを入れるのに再利用もできるけれど、レジ袋ではないビニール袋はその用途には使いにくい。何か小物の仕分けにでもするか、誰かに何かあげるときに使うことがあるのか、想像力のない私には私にはそれくらいしか思いつかない。

袋を余分にもらって、なにか使い道がないのなら、結局家のごみが増えるだけ。ごみを持ち帰っているようなものだと思うのだけど、違うのだろうか。

とにかく、ここ数年販売の仕事をしていて、そのことはずっと気になっていた。たまに余分な袋はいらない、と断るお客様がいると、同じような考え方の人がいてくれてすごく嬉しかった。

とまあ、もやもやしながら働いていたけれど、袋が有料になったために、お客様はよく考えて本当に必要な数だけ買うようになり、こちらはむやみに袋を渡す必要がなくなったので、かなりもやもやが減った。

しかし、今度は次のもやもやが出てきた。それは次回。

コメント