スポンサーリンク

【51歳の転職】5:仕事決定

 

macbook

 

51歳で始めた転職活動。

【51歳の転職】1:転職活動はじめました
昨年の秋頃から考えていたのだが、来月末でいまの仕事を辞めることにした。 今の仕事はスト...
【51歳の転職】2:WEB応募3件目
来月末でいまの仕事を辞めるため、1週間ほど前から転職活動を始めた。 まず、ネットで見つけたA社...
【51歳の転職】3:ひとまず面接決定
51歳で始めた転職活動。 いままでのところ、WEBで3社に応募して、1社はWEBに登録...
【51歳の転職】4:一次面接など
51歳で始めた転職活動。 先日、C社の一次面接に行くことが決まった。 そ...

 

C社での二次面接を控えたなか、先週末にはD社の面接に行った。感触はあまりよくなかったのだが、今週のはじめにD社から連絡があり、採用が決まった。

やったー、と最初は喜んでいたが、考えてみたらいろんなことを聞き忘れていたことに気づいた。帰省する際に連休がほしいのだが、それは可能か?ということばかりが気にかかり、それだけは質問して大丈夫と言われていた。けれど、交通費は全額出るのか、残業は多いのか、定年はいつなのか、そのあたりのことをまったく聞き忘れていた。

面接担当者の圧が強く、あまりいろいろ質問できる雰囲気がなかったせいもあるが、聞きたいことをきちんとメモして持っていくべきだった。働き始めてからこんなはずじゃなかったと後悔したくないので、D社に電話して聞きたいこと確認した。

D社の場合は3ヶ月ほど試用期間があり、その後は契約社員となるのだが、契約社員は特に定年がなく、70代で働いている人もいるそうだ。先のことはわからないけど、今の時代は65歳くらいまでは職があると安心。

仕事内容はいまと同じ接客販売で週5勤務。いまより少し通勤時間が長くなるかもしれないし、制服があるから着替えの時間もかかるけれど、扱うものは楽しそう。

それにこの会社のいいところは、週4日勤務もできるということ。しばらくはお金を貯めたいので週5勤務をするつもりなのだが、何年か経って体力的にきつくなったら週4で働くことも可能。フルタイムの場合、週5勤務のところが多く、週4の仕事を探すのはけっこう大変。だから、将来的に週4に切り替えられるという安心感があるだけで嬉しい。

面接予定のC社に面接辞退のメールもして、51歳の転職活動は終了。今回の会社でなが〜く働いて、もう転職活動をしなくて済みますように。

【ここまでの結果】

  • A社(受付事務):WEB応募→履歴書送付→不採用
  • B社(受付接客):WEB応募→不採用
  • C社(カウンターセールス):WEB応募→履歴書送付・適性検査→一次面接→二次面接予定→D社内定のため、面接辞退
  • D社(接客販売):WEB応募→履歴書送付→面接→採用

コメント