パステルや色鉛筆を処分

 

以前から少しずつ減らしていながら、完全に処分しきれなかったものがある。

今日は思い切ってそれを処分することにした。

 

画材を処分

パステルや色鉛筆

パステル、色鉛筆、水彩色鉛筆。

 

半分はもともと自分が持っていたもので、半分は父のもの。

父が使っていた画材を、亡くなったあとで実家から持ち帰ったのだ。

 

父が亡くなってからもう十年以上経っている。

当時は、私もまだ若く、これから使うこともあるかもしれないと思ってもらってきた。

実際に、水彩色鉛筆などは少しだけ使ってみたと思う。

ただ、それが続くことはなく、その後はただ保管していただけだ。

 

けっこう場所もとるし、使わないものを持っているのはなんとなく気になるものだ。

「使って! 使って!」というものの叫びが聞こえてきそうで。

 

ここ1〜2年はまったく使っていないし、今後も特に必要だとは思わない。

 

万が一、万が一にも今後なにかを描きたくなったときには、改めて買えばいい。

 

フィクサチーフ

パステルを定着させるスプレーやパレット、水入れなど。

これもあわせて処分する。

 

処分しきれないもの

いまはまったくやっていないが、小学4年生のときから中学1年生のときまで書道教室に通っていた。

それもあって、字を書くことは嫌いではない(上手ではないが)。

 

そして、画材と同じように、父が中国旅行で買ってきた硯(すずり)を、父亡きあと、実家から持ち帰っていた。

書道からはずいぶん離れてはいるが、いつかやりたいような気がしていたのだ。

 

しかし、結局使うことなく、年月は過ぎた。

そして、とうとう一年くらい前に、急に墨がすりたくなった。

字が書きたい、というのではなく、ただ硯で墨をすりたいと思ったのだ。

 

硯は持っているので墨さえ買えばいいのだが、墨をすったらなにか書きたくなるだろうと、筆、半紙、下敷も一緒に買った。

 

書道セット

しかし、結局買って帰ってきただけで一度も使っていない。

なにをやってるんだ、私は。

 

それにしても、ただ墨がすりたいなんて、そのときの私の状態はどうだったのだろう。

 

ゆったり落ち着いて、ただもくもくと墨をする。

そうしているあいだは日常をわすれられる。

 

そんな風に思っていたのだろうか。

 

すごくいそがしいわけではないけど、料理や掃除はしなきゃいけない。

あとは、テレビを見たりして、なんとなく過ぎていく。

仕事は、つらくもないけど面白くもなく、飽きている。

 

大変ではないけど、打ち込めることもなく、退屈な日常から逃避したかったのかもしれない。

 

おそろしいことに、これはいまも一緒だ。

 

仕事をさがしたいのに、あまりの暑さになにもしたくない。

スーツで面接とか、行くまでに倒れてしまいそうだ!

 

それはともかく、今回は、退屈しのぎになにかを買うのはやめて、不要品の処分にいそしもうと思う。

入れる前に出すのだ。

 

そして、これから1ヶ月以内にこの書道セットを使って、墨をする!

そして処分するかどうかを決めよう。

 

もし1ヶ月以内に墨をすることができなければ、そのときはいさぎよく処分しよう。

 

これから気をつけること

退屈しのぎに、なにかやってみよう、買ってみよう、というのはやめる。

なにかほしくなったら、本当に興味があるのか、退屈しのぎの偽の興味なのかよく考えること。

 

私の場合、いまのまま同じようなことを繰り返して、何も変わらない気がする。

また、現実逃避して余計なものを増やさないようにしなければ。

コメント