スポンサーリンク

潔い考え方の男性客

 

毎日時間があればドラクエビルダーズをやっていて、ブログの更新も滞りがちだ。ブログを書いても肩がこるけど、ゲームも首こり、肩こりの原因になる。気をつけねば。

 

石膏像

 

さて、お客さんの会話で「ほほぅ」と思うことがあったので、そのときの話。

以下、ある商品を買ってくれたお客さんとの会話。

客「商品についてるもの(シールとかタグとか)全部外してくれる?」

私「そうしますと返品や交換ができなくなりますがよろしいですか?」

客「返品? しないしない。そんなことする人いるの?」

私「少し大きかったとか小さかったとかそういった場合など・・・」

客「大丈夫。失敗したら自分のせいだから返品なんかしないよ」

私「そうですか。ありがとうございます。」

客「そうだよ。失敗した自分が悪いんだからそれは自分の責任だよ。」

とまあ、こんな会話をした。

 

自分の責任だから返品はしない、という考えに同意するわけではないが、このお客さんのような潔い考え方ができると、人生シンプルに生きられそうだなぁ、と思った。

勝手な憶測だけど、こういう人はさっと見てよさそうなものがあったら買う。むやみにあれこれ見たり調べたりして、もっといいものがあるんじゃないかとか、もっとお得なものがあるんじゃないかとか考えたりしなさそう。

私は、じっくり調べて値段も比べて、できる限り自分の希望に合ったものをさがそうとするけど、調べすぎてわけがわからなくなったりすることがある。それにそこまでして買ったとしても、実際に使ってみたらそんなに希望通りの商品じゃなかったとか、そんなこともある。

なんだかたくさんの情報に振り回されて、いかに損をしないかとかばかり考えて、失敗を受け入れるゆとりみたいなものを失ってるのかもしれない。それに、自分のカンみたいなものも鈍くなってるような気がする。

もう少し気楽に生きたいものだ。

コメント