スポンサーリンク

【ハンドメイド】シンプルな布のマスクケースを作ってみた

段々マスク生活に慣れてきたけれど、日々気になっていたのが、マスクを一時的に外したときにどうするかということ。

会社で休憩時時間などにマスクを外したときは、ティッシュペーパーの上に置いていた。マスクをつけたらティッシュを捨てていたが、これだと毎回つけ外しのためにティッシュを使うことになる。

かと言って、自分のカバンやポケットにそのまま入れるのは不衛生な気がする。

これは、マスクが入るようなポーチかなにかを買った方がいいかもしれないと思っていたところ、シンプルなマスクケースの作り方を見つけた。

【型紙不要】10分で作れる!マスクケースの作り方3種  ※nunocoto fablicより

マスクケースを作ってみた

上記のサイトには3種類の作り方がのっていたが、そのなかの一番簡単なポケットタイプのマスクケースを作ってみた。

ケースの仕上がりサイズはタテ15cm×ヨコ14mで、立体タイプの布マスクが入る大きさ。家にあった余った生地に、市販のタグをつけた。やっぱり、タグがあるだけでちょっとグレードが上がる気がする。

あまりぺらぺらのケースもどうかと思い、少し厚めの生地を使って作ってみたけれど、2枚重ねタイプのものだったので、かなりしっかりした出来上がりになった。これだったら、薄手の生地でもよかったかもしれない。

使い心地

ケースをパッと開いて、二つ折りにしたマスクをサッとしまうだけなので、扱いは簡単。人の少ない道路などではマスクをケースに入れておいて、駅やお店などに着く前にケースから取り出してつけるときも簡単。

布製で洗うのも洗濯機にポイでいいので、楽。

ただし、プラスチック製のものと違い、除菌シートでさっと拭いてきれいにする、ということができないので、清潔に使うには洗い替えが必要。もう1枚作ろうかな。ああ、またものが増える!

コメント