書道セットを使ってみた

 

先日、ブログに

これから1ヶ月以内にこの書道セットを使って、墨をする!そして処分するかどうかを決めよう。」と書いた。

パステルや色鉛筆を処分
以前から少しずつ減らしていながら、完全に処分しきれなかったものがある。 今日は思い切ってそれを処分することにした。 画材を処分 パステル、色鉛筆、水彩色鉛筆。 半分はもともと自分が持っていたも...

 

ブログで宣言したことは覚えていたが、はて、1週間以内にやるんだったかな、1ヶ月だったかな、というくらい記憶力が落ちている。

 

きのう時間があったので(きのうだけではないが)、さっそく書道セットを使ってみることにした。

 

まずはセッティング

 

墨がはねてもいいように、まず要らない広告をひいた。

そして右手側には硯(すずり)を左手側には書道用の下敷をおき、その上に半紙を乗せた。

筆のおろし方など忘れてしまったが、水でぬらして手でほぐした。

文鎮はないので硯のふたを代わりにして、紙の上部においてみた。

 

墨をする

硯

父が中国旅行で買ってきた硯(すずり)に水道水を入れ、画材店で買ってきた墨をすってみた。

 

すっと水になじみ、なんとも滑らかなすりごこちだ。まったく抵抗がない感じ。

私が子供のころの墨は、硬くてひっかかるような部分が混ざっていたりして、もっとざらざらした感触だった気がする。

 

たまに安い鉛筆を使うと、かすれたような感触の部分があるが、むかしの墨にはそれと同じような感じがあったと思う。

それがいまはこうもスムースな感触とは!

普通の画材店で買ってきた500円ほどの墨なのに、すごい。

 

さらに墨に変化を感じたことがある。

むかしは墨汁を硯に入れ、それを墨ですり、濃い液体にしてから書いていたような気がする。

墨をするだけでも、けっこう時間がかかったように思う。

 

今回は墨汁は買ってきていないので、ただの水をすったのだが、するするとしばらくすっているだけで、けっこうな濃さになってきた。

もちろん、しっかりした濃さの黒さになるまでには、それなりの時間がかかるのだろうが、ちょっと家で書いてみる用の濃さにはすぐなった。

 

以前に比べると、非常に短時間で墨がすれるようだ。

 

私が書道から離れていた20年以上のあいだに、墨はかなり進化しているのかもしれない。

 

字を書く

書道セット

 

ちょうどパソコンの画面内に、爆笑問題の文字があったので、まずはその四文字を書いてみた。

久しぶりに書いたにしては、まずまずのできだったが、やはりお手本なしに書くのは難しいし、やりがいがない。

 

その後、特に書きたい言葉もないのでネットで「書道 お手本」などと検索。

出てきた画像をお手本にして、意味がまったくわからない謎の言葉を3枚ほど書いてみた。

 

墨はよかったが、同じく500円ほどで買った筆はあまりよくなかったようだ。

コシがなく(わたしが水で戻し過ぎてしまったのかもしれないが)、力の入った字が書けなかった。

使って間もなく毛も抜けた。

 

さらりと終了

 

計4枚ほど書いて終わりにした。

 

書道教室に通っていたときは、そのときの課題というものがあり、自分である程度練習したら先生に見せに行き、朱色の筆でなおしてもらう。

そして、再練習してまた先生に見せに行く。

それを2〜3回繰り返して、先生からOKが出たらその日のお稽古は終了となる。

 

という一連の流れがあったのだが、いまは特に課題があるわけではない。

書きたい言葉があるわけでもない。

つまらなくもないが、またやりたい! と強く思うほどでもない。

 

書道セットはもうしばらく取っておいて、買ってきた半紙がなくなるまで、ときどき字を書くのもいいかもしれない。

でも片付けは面倒だから、次にやる気が出るのはいつのことやら・・・

 

下敷が汚れない不思議

 

私が学生の頃に使っていた下敷は、緑か黒のもので、半紙から染み出た墨がついて、どんどん汚れていった気がする。

今回買うときも濃い色の下敷がほしかったのに、お店には白しかなく、仕方なくそれを買った。

 

最初は、下敷の下にも汚れ防止に広告をひいたが、広告はもちろん、下敷自体がまったく汚れていなかったのには驚いた。

これは半紙の質がよくなっていて、よく墨を吸うからなのか、それとも、下敷きが進化しているのだろうか。

あるいは、練習量が多くなればいつか汚れるものなのか。

 

とにかく、自分がしばらく関わっていないあいだに、世の中のいろんなものが進化しているのかもしれない。

コメント